石膏の球


P1010015 - コピー.JPG

★なんだかここ数日、石膏のタマタマ拵えるのにかかりきりで・・・ってほどではないにしても、離型に手間取るなどして、かなりうんざりしております。粘土原型取り付け用はなんとか揃えましたが。


P1010032 - コピー.JPG

P1010039 - コピー.JPG

★粘土原型を元に心材に紙を貼って作ろうと思っていたのですが、せっかく造ったし何かと都合がいいようなので、手・足の粘土原型も石膏どりすることにしました(今回の石膏どりでは牛乳パックが大活躍です)。



P1010027 - コピー.JPG

★指の心材はアルミ線に紙を巻きつけたもので。これを剥がした型の中に埋め込みます。
 今までキャバリアの張り子は外貼り式で作ってきましたが、今回は内貼り式を採用した張り子となります。別にこじつけて張り子メソッドにこだわるわけではなくて、「使い慣れた素材と技法で、求める質感を得る」ためです。つまり、そのように作りたいのです。

 粘土原型を制作したのちに型どりするこの手法は、量産を可能とします。もちろんこれは結果であって、目的ではありません。しかし、素材と技法の基礎研究をするうえで、複数体制作できるのはこの上なく役に立ちます。
 今回は手漉き紙を貼り込んでいく張り子の手法を用いますが、次回以降に、別の素材を使って同じものが作れるのです。また、胡粉のつなぎを木工ボンドにしたり、膠にしたり、また肌を彩色したりとか、表面処理の研究もできます。目の色、紙の色を変えたりとか・・・ああ、夢が広がるなあ。


P1010022 - コピー.JPG

★で、こちらが本番の内貼り式張り子システムのお試し、「カシュー漆・黒」を施した神主・巫女原型。キャバ時計のおまけとして、石粉粘土を前提として考案されましたが、残念なことに時計もおまけも不評でだったので(笑)、こりゃあもうより高きを目指すための実験台になってもらおうといういことで施工することと相成りました。まあ、吸水性は失われたものの、石粉粘土でも制作は可能です。
 カシュー漆、ラッカー塗料の倍近くするお値段ですが、塗膜の質感はすばらしいですな!また、希釈用のテレピン油が郷愁を誘います。久しぶりに油絵を描きたくなるなど、かなり余計な効果も・・・。



P1010024 - コピー.JPG

★石膏硬化までの合間などにお絵描きでもしようか、なんて始めたら、結局楽しくなって3時間あまり集中してしまいました。
 このポーズのはなちゃんは、現存の写真ではいちばんはなちゃんらしいな、と思います。もっと写真を撮っておけば、との思いもありますが、過ぎたことですし、こういうのがあるだけでも良しとしなければね。



P1010033 - コピー.JPG

P1010034 - コピー.JPG

★今日は、わたしの脳にインストールされている形状認証ソフトが二回も反応!これから盛夏に向かい、どんどん大きく育ちます。頑張れ!



P1010037 - コピー.JPG

★今日は朝夕濡れずにお散歩できてよかったね。




スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

れっどぱぱ

Author:れっどぱぱ
キャバリア型妖精「レッド」の超常の力で資格者となり、ローリンドライバーを使って「仮面ウェルダー ローリン」に変身する。
 のちにヒト型妖精「モンキー」の出現により、第2形態・ビルダーフォームを得て、「通りすがりの張り子ビルダー」に変身するが、ウェルダーフォームとビルダーフォームの狭間で闘いそのものに疑問を抱き、悩む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR